ニュース
» 2007年06月13日 22時33分 公開

センドメールがメールパッケージ製品の新版、IMAPの拡張性を大幅向上

センドメールが「MailCENTER 3.0 日本語版」をリリース。IMAPの拡張性向上、メールフィルタリング管理機能の搭載などが実現されている。

[ITmedia]

 センドメールは6月13日、電子メールサーバに専用データベースを用いたメールストア、ディレクトリサーバをひとまとめにして提供するパッケージ製品の新バージョン「MailCENTER 3.0 日本語版」を発表した。

 MailCENTERは、MTA(メッセージ配送サーバ)とPOP/IMAPサーバ、メールストアを統合した「Mailcenter Store」に、さらにLDAPサーバの「Sendmail Directory」を統合した製品。日本語のGUIを通じて集中管理が可能なうえ、LDAPディレクトリに格納されたユーザー情報に基づいてインテリジェントなメール配信を行える点が特徴だ。

 新バージョンでは、POPに比べてサーバ負荷が高くなりがちなIMAPのスケーラビリティを大きく向上させた。コンプライアンスや情報セキュリティの観点からIMAPの導入が増加しているが、ailCENTER 3.0 日本語版では1台のサーバで数十万のユーザーを収容。大規模システムにも対応できるパフォーマンスや拡張性を提供するという。

 また、ポリシーに応じてさまざまなフィルタリング処理を行える「Message Organizer」が標準機能として搭載された。Message Organizerを活用すれば、送信者や宛先、件名や時間といった条件に基づき、電子メールの保存や転送、通知、削除といったさまざまな処理を行える。この設定はサーバ管理者だけでなく、クライアントが個々に設定することが可能だ。

 ほかに、NASストレージのサポートやバックアップ、ハイアベイラビリティ構成への対応などが図られている。

 MailCENTER 3.0 日本語版の価格はオープンプライスだが、参考価格は500ユーザーで約90万円。6月18日より出荷を開始する。

関連キーワード

フィルタリング | LDAP | スパム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -