ニュース
» 2007年07月10日 19時17分 公開

ノキア、HA構成も可能な拠点向けUTMの新製品

ノキア・ジャパンは小規模拠点向けUTMアプライアンス「Nokia IP290」を7月中旬より販売する。

[ITmedia]

 ノキア・ジャパンは小規模拠点向けUTM(統合脅威管理)アプライアンス「Nokia IP290」を7月中旬より販売する。ブランチオフィス用途のコンパクト設計ながら最新OSを搭載、HA(ハイアベイラビリティ)構成が可能な点が特徴。

 NokiaIP290は、ハーフラックサイズの小型筐体にギガビットイーサネットインタフェース×6ポートを装備する。拡張インタフェースにより、2台を接続してのクラスタ構成ができる。ファイアウォール利用時のスループットは1.5Gbps。

 ディスクを搭載するモデルとフラッシュベースのディスクレスモデルが用意されている。価格は88万8000円から。

 併せて同社は、UTM用セキュリティOSの最新版「IPSO4.2 Build042 HF002」をリリースした。IP290、IP350、IP380、IP390、IP560などのNokia IPシリーズに搭載される。ノキアと保守契約を結んでいるユーザーは無償で最新バージョンにアップグレードできる

 IPSO4.2は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの統合セキュリティソフトウェア「NGX R65」に対応したことが特徴。従来のNGXが提供していたファイアウォールとVPN、IPS(不正侵入防御)、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)といったセキュリティ機能に加え、アンチウイルスやURLフィルタリングの機能を実装した。

 またIPSO4.2では、UTMのHA構成時でもチェック・ポイントのファイアウォールの冗長化機能を単一ライセンスで利用できるようになっている。なお、アンチウイルスとURLフィルタリングはディスクベースのモデルでのみ対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -