レビュー
» 2007年07月23日 15時23分 公開

ホワイトペーパー:情報漏えい対策と内部統制に対応するASP型電子メールサービス

電子メールシステムの運用に情報漏えい対策や内部統制対応は必須だが、それには相当なコストがかかる。一方で、運用コストの削減も突きつけられる。企業はどうすべきなのか。

[ITmedia]

 電子メール環境を取り巻くリスクは急激に高まっている。ウイルスメールやスパムメールなどへの対策だけでなく、情報漏えい対策や送受信履歴データの保全といった内部統制にも対応せねばならない。しかも、これらに対応するには膨大な予算が必要になり、いかにコストを削減するかが課題となっている。

 そこで活用すべきなのが、ASPサービスである。メールシステムの運用をアウトソーシングすれば、リスク低減とコスト削減を実現できる。これまでメールシステム運用に携わっていた人員のコストを削減できるだけでなく、サーバメンテナンスの手間や老朽化の心配も必要ない。アーカイブ機能を備えていれば、内部統制にも対応できる。

 ここでは、電子メールシステムにかかわる諸問題をワンストップで解決するソリューション「OneOffice Mail Solution」の概要とともに、課題解決とコスト削減を同時実現させたユーザー事例を紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -