ニュース
» 2007年07月26日 09時45分 公開

Intel、マルチコア対応アプリ開発支援ツールをオープンソース化

マルチコアプロセッサの性能を引き出すアプリケーションの開発を支援するツール「Threading Building Blocks」がオープンソース化される。

[ITmedia]

 米Intelは7月24日、マルチコアプロセッサに不可欠な、並列動作するアプリケーションの開発を簡素化する「Threading Building Blocks」(TBB)をオープンソース化すると発表した。TBBのソースコードを、GNU General Public License Version 2(GPLv2)の下、ランタイム例外付きで公開する。

 Threading Building BlocksはC++テンプレートライブラリで、マルチスレッド化の作業を簡易化する。プログラマーはこれを使うことで、下位レベルの細かなスレッド化作業を省略できる。

 Intelは現在299ドルで販売中の商用版「Intel Threading Building Blocks 2.0」のサポートを今後も継続する。同製品には1年間のテクニカルサポートと製品アップデート、新規リリースが含まれる。また商用版には「Intel C++ Compiler Professional Editions 10.0」も含まれている。

関連キーワード

Intel | マルチコア | オープンソース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -