ニュース
» 2007年07月26日 18時43分 公開

マイクロソフトとデジタル・ナレッジ、日本初の「Hosted Learning Gateway」を提供

マイクロソフトとデジタル・ナレッジは、教育機関向けの情報コミュニケーション基盤であるポータル「Learning Gateway」を、日本初のASPサービスとして提供を開始する。

[ITmedia]

 マイクロソフトとデジタル・ナレッジは、マイクロソフトが提供する教育機関向けトータルICTソリューション「エデュステーション」の情報コミュニケーション基盤に位置づけられているポータル「Learning Gateway」を、日本初のASPサービス「Hosted Learning Gateway」として提供を開始する。

 デジタル・ナレッジがマイクロソフトのLearning Gatewayコンセプトに賛同し、学校における実用的なポータルサイトとしてHosted Learning Gatewayを提供する。ASPサービスであるHosted Learning Gatewayには、全国どこへでも高品質のサービスを、学校内にサーバシステムを導入せずに提供できるという利点がある。

 提供は2007年10月1日から、デジタル・ナレッジが運営を担当する。マイクロソフトは、エデュステーションパートナー(仮称)として賛同を得られる企業との連携を強め、教育機関向けのトータルICTソリューションとしてエデュステーションを推進していくという。デジタル・ナレッジは、「エデュステーションパートナー(仮称)」第一号としてマイクロソフトと連携し、今後1年間で30の教育機関へのHosted Learning Gateway導入を目指す。

関連キーワード

ASP | ポータル | Windows


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -