ニュース
» 2007年08月21日 17時18分 公開

検索でできる環境保護 NTTレゾナントが特設サイトを開設

NTTレゾナントは、環境保護活動に寄与する特設サイト「緑のgoo」を開設した。ユーザーの検索回数に応じた寄付金が環境保全団体に提供される。

[ITmedia]

 NTTレゾナントは8月21日、同社のポータルサイト「goo」上で、環境保護活動に寄与する特設サイト「緑のgoo」を開設したと発表した。

 緑のgooでは、検索サービス「goo検索 Green Label」が提供される。ユーザーの検索回数に応じて得られる広告収益の約15%が環境保全団体に寄付される仕組み。検索回数により検索窓の下にある「gooの木」の本数が増えるため、ユーザーは、検索回数と寄付の度合いを視覚的に確認できる。目安として、100回の検索でgooの木が1本増え、約15円が寄付に当てられるという。

image 検索回数に応じて、gooの木の本数が増えていく(現在65本だった)

 同サイトでは検索サービス以外の機能も取りそろえている。ブログに緑のgooのWeb検索機能を組み込むことができるブログパーツを提供するほか、Internet Explorer用のツールバー「緑のgooスティック」、緑のgooの検索機能をFirefox2.0とInternet Explorer 7のブラウザに設定できるプラグイン、Mac OS Xのデスクトップ上から検索機能が使える「Dashboard ウィジェット」(Mac OS X 10.4以上に対応)がインストール可能。

関連キーワード

goo | 検索 | NTTレゾナント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -