ニュース
» 2007年08月29日 20時11分 公開

日本通信、KDDIへ相互接続を打診

日本通信は日米で利用できるデータ通信サービスの実現に向けて、KDDIへ相互接続を申し入れた。

[ITmedia]

 日本通信は8月29日、第3世代携帯電話システムを利用したデータ通信サービスの提供を目的に、KDDIへ相互接続を申し入れたと発表した。

 同社の米国子会社がKDDIと同一の通信方式CDMAを採用するUSセルラーのネットワークを利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスを提供しており、日本通信ではKDDIのau携帯電話網に相互接続することによって、1枚のデータ通信カードだけで日米のデータ通信が利用できるサービスの実現を目指す。

 日本通信はウィルコムのPHS網を利用したデータ通信サービスを提供しているが、PHS網と携帯電話網の双方を利用できるデータ通信サービスの実現を目的に、NTTドコモへも相互接続を申し入れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ