ニュース
» 2007年09月05日 00時39分 公開

サバン、小規模事業者向けサーバ製品の新モデルを発表

サバンは、SOHOや小規模事業者向けに提供しているサーバ製品「Net-Station」の新モデルとなる「Net-Station S」を発売した。

[ITmedia]

 サバンは9月4日、SOHOや小規模事業者向けに提供しているサーバ製品「Net-Station」の新モデルとなる「Net-Station S」を発売した。

 Net-Stationシリーズは、SAVANT-Linuxという同社が開発しているLinuxおよび基本設定データをCD-ROMに焼き付け、それをCD-ROMブートで起動、メモリ上に展開して動作させるタイプのLinuxアプライアンスサーバ製品。HDDにインストールしないため、万が一のトラブル時には、再起動するだけで元の状態に戻すことができる。基本的なサーバソフトウェアのほか、自社開発のWebグループウェア「Info-Station」などが標準装備されている。

 今回発表されたNet-Station Sは、リムーバブルHDDを搭載したモデル。Net-Stationでは、ファイルサーバやログファイルを残す場所などの用途でHDDを利用するが、HDDが複数接続されている場合、毎日rsyncでミラーリングを行う。この1つがリムーバブルHDDとなったことで、万が一ハードウェアトラブルが発生した場合でも、CD-ROMとリムーバブルHDDを別のPCで動作させることで容易に復旧できる。

 ミニタワー型とタワー型が用意され、価格は20万7900円から。

関連キーワード

サーバ | Linux


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ