ニュース
» 2007年09月11日 09時12分 公開

Capgemini、企業向けGoogle Apps導入支援サービス

Capgeminiは今回の発表に伴い、Google Enterprise Professionalプログラムにも参加した。

[ITmedia]

 コンサルティングおよびアウトソーシング企業の仏Capgeminiは9月10日、同社のクライアント企業向けデスクトップソリューションに米Googleの企業向けオンラインアプリケーションスイート「Google Apps Premier Edition」を加えたと発表した。同スイートの導入を支援するサービスを、企業向けに展開する。

 同社はGoogleと提携、クライアント企業の従業員や関係者が場所やプラットフォームを問わず、いつでもGoogle Appsを利用できるよう支援する。今後は携帯端末からの利用も可能になり、これまで企業内メールやアプリケーションへのアクセスができなかったパートナーなどを加えることもできる。

 Capgeminiは、Google Apps Premier Editionを有効に活用して戦略開発が行えるよう、クライアントを支援していくという。またCapgeminiは今回の発表に伴い、Google Enterprise Professionalプログラムにも参加した。

関連キーワード

Google Apps | オフィススイート | SaaS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ