ニュース
» 2007年09月12日 18時15分 公開

MSとNovell、「Interoperability Lab」開設

両社はこの研究所で、仮想化技術の相互運用性確保をはじめ、標準ベースのシステム管理、ID連携、オフィス文書フォーマットの互換性などに取り組む。

[ITmedia]

 MicrosoftとNovellは9月12日、Windows ServerとSUSE Linux Enterpriseの連係向上を目指す「Microsoft and Novell Interoperability Lab」の開設を発表した。

 この研究所は昨秋両社が発表した提携の一貫で、新しいソフトウェアソリューションの設計・テストを実施したり、顧客やコミュニティーと協力してWindows ServerとSUSE Linux Enterpriseを連係させる技術を構築し、サポートすることが目的。

 この研究所は米マサチューセッツ州ケンブリッジに位置し、広さは2500平方フィート(約232平方メートル)。MicrosoftとNovellのエンジニアで構成されるチームが働く。最初の優先課題はMicrosoftとNovellの仮想化技術の相互運用性確保で、このほか標準ベースのシステム管理、ID連携、オフィス文書フォーマットの互換性にも取り組む。

関連キーワード

Microsoft | Novell | Windows | SUSE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ