特集
» 2007年09月19日 08時20分 公開

マネジャーの教科書:新米ITマネジャーが知っておくべきこと (1/3)

新米ITマネジャーとしてあなたは、少なくともチームを統率してプロジェクトを効率良くこなすということは期待されるようになる。仕事をうまく始めるためにここに挙げたようなことをすると良いだろう。

[Ken-Myers-&-Zev-Feldberger,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 新米ITマネジャーとしてあなたは、「卓越した専門家」というほどの期待は受けないにしても、チームを統率してプロジェクトを効率良くこなすということは期待されるようになる。仕事に詳しくなるまでしばらくは大目にみてもらうことのできる猶予期間が与えられるかもしれないが、新米(あるいは新任)のITマネジャーになるということは、積極的にリーダーシップを取らなければならないということを意味する。これは裏方としての作業に慣れている人にはプレッシャーに感じることかもしれない。しかし責任者になってしまったのなら、仕事をうまく始めるために以下に挙げるようなことをすると良いだろう。

計画を立てる

 ほかの人々があなたに期待しているだろうと思われることのほかにも、自分自身が個人的に目指す目標を明確に持ち、その両方を実現するよう励むようにしよう。これまでに内部者としてすでにかかわってきたのではない場合には、初期の「偵察活動」を行なって、新しい環境の良い点、悪い点、そして「厄介な点」について把握しよう。すべての情報を手に入れたら、その情報を基にして自分に期待されていること(プロジェクトの目標や、最初の時点でほかの人々が期待していること、職務内容など)に応えるための方法についてのシンプルで現実的な計画をまとめる。また早いうちから順調に進めるためには、上司やチーム内の人々と親しくなる方法についてのアイデアも重要だ。

 計画には、停電が起こった場合や、重要なシステムが機能しなくなった場合や、チームのメンバーが突然辞めた(あるいは単に仕事をやり抜くことができない)場合や、プロジェクトの予定が狂った場合などにどうすべきかを書いた「もしもの場合」リストも必須だ。多くの場合、IT関連の問題が起きても早急に効率良く解決されているのは、それらが前もって検討されてとことんまで考え抜かれているためなのだ。

チームをよく知る

 マネジャーや監督を務めるということは、つまるところは、ほかの人々と一緒にプロジェクトに取り組みんで完了させるということだ。あなたが内部的に昇格した場合であってもなお、今度はあなたが上司になることで、知っておくべきことはさらに増えたことになる。そのためチームのメンバーの性質を簡単に確認しておこう。例えば、チームに新鮮なアイデアや便利なアイデアをもたらすことのできる創造力のある人は誰かや、割り当てられた課題を時間通りに完全に仕上げることを任せることができる人は誰かなどを把握しておくと良いだろう。

 逆に、惰性だけで仕事をしている人や、さらに悪いことに能力のない人については、早期に明確にしておくようにしよう。同時に、チームのメンバーの経歴を確認して、必要に応じて指導や追加のトレーニングを与えるようにすると良いだろう。またコミュニケーションを取って、仕事に関連のある情報を与えるようにしよう。なおこのことは、チームのメンバー全員にもあなたに対して行なってもらうようにする。あなたがチームに情報を与えなければ、チームもあなたに情報を与えてくれない可能性は高いだろう。また、内部的なユーザーや外部的なクライアントなどチーム外部の人々に、あなたの新しいチームについての評判を忘れずに確認するようにしよう。そうして得た情報を利用すれば、チームが改善すべき点を把握できる。

同僚をよく知る

 好むと好まざるとにかかわらず、組織における政治的な駆け引きはマネジャーにとっては避けることはできないというのが現実だ。そのため同僚たちとの密なコミュニケーションや関係を確立しておくことはきわめて重要だ。とはいえ、予算や上司に認められる度合いや昇進などにおいて張り合う、ある意味ライバルでもある同僚もいるかもしれない。このことは組織にとっては健全なことであり、必ずしもゼロサムゲームではないのだが、同僚と十分に親しくなっておいて、組織にはつきものである政治的な駆け引きに対してアンテナを張っておく必要がある。同僚間での対等な信頼関係をこつこつと築き上げて同盟を結びつつも、同時に、同じくマネジャーである同僚に影響されて早まった決断をしてしまうなどといった深刻な間違いをおかすことがないように気をつけよう。また、同僚をけなすような発言やうわさは絶対にしてはいけない。そのようなことをすると通常は、自分に返ってきて自分が苦しむことになる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -