ニュース
» 2007年09月20日 17時06分 公開

アルプス社、地図関連のAPIを3種類公開

アルプス社は、同社の地図サービス実験サイトで、地図関連のAPIを公開した。第一弾として、「ALPSLABコンテンツ検索API」「印刷API」「標高API」の3つを提供する。

[ITmedia]

 アルプス社は、地図関連のAPI「ALPSLAB api」を提供開始した。公開したAPIは、「ALPSLABコンテンツ検索API」「印刷API」「標高API」の3つ。

 ALPSLABコンテンツ検索APIは、ユーザーが作成したブログや写真、Webサイトなどを、ほかのユーザーと地図上で共有できるもの。位置情報付きのコンテンツをXML形式で取得できる。印刷APIは、任意の場所や縮尺の地図をPDF作成できるほか、場所の説明を加えたアイコンを表示できる機能を持つ。標高APIは、任意の場所の標高をXML形式で取得できるもの。

 APIは、同社の次世代地図サービス実験サイト「ALPSLAB」から入手できる。

関連キーワード

API | 地図


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ