連載
» 2007年09月26日 16時13分 公開

SAPジャパンら、昭和シェル石油に人事システム基盤を構築

SAPジャパンと日本ユニシスは、昭和シェル石油に人事システム基盤「SAP ERP Human Capital Management」を構築した。

[ITmedia]

 SAPジャパンと日本ユニシスは9月26日、昭和シェル石油に人事システム基盤「SAP ERP Human Capital Management」(SAP ERP HCM)を構築したと発表した。

 昭和シェル石油は、情報システム基盤にSAPの基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」を採用している。昭和シェル石油と関連会社の約2000ユーザーに対して、さらなる人事機能を提供するため、SAP ERP HCMを導入した。システム基盤の構築は日本ユニシスが、技術支援はSAPジャパンが担当した。

 SAP ERP HCMによりユーザーは、人事関連の申請や、所属部門が必要とするコンピテンシー(行動特性)を強化する人材研修の履歴などをWebから確認できる。また、マネジャーは、ユーザーの研修における進ちょくや評価を共有できる。帳票類の配布や収集など紙ベースの管理における負担が減ったという。

 昭和シェル石油は今後、勤怠管理や経営分析、eラーニングの拡張など、人事システム基盤の活用を広げる見通しだ。

関連キーワード

SAP | 人材 | 研修


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ