ニュース
» 2007年09月27日 18時36分 公開

SSJ、SuperStream専用のシステム連携ツールを発売

SSJは、会計や人事分野に特化した中小企業向けERP製品の各システムを連携する製品を9月28日から発売する。

[ITmedia]

 エス・エス・ジェイ(SSJ)は、会計や人事分野に特化した中小企業向けERP製品「SuperStream」のシステム連携ツール「superstream-connect」を9月28日から発売すると発表した。価格は、1CPU当たり200万円から。

 superstream-connectは、企業内に分散したシステムやデータとSuperStreamを連携できるEAI(Enterprise Application Integration)製品。生産管理や販売管理などのシステムからデータを取り込めるほか、SuperStreamから会計データなどを取り出すこともできる。データは帳票として出力可能。

image superstream-connectによるシステム連携イメージ

 従来、SuperStreamとほかのシステムを連携させるには、ベンダーに開発を別途依頼しなければならず、高額なコストが掛かることが問題となっていたが、同製品により安価にシステム連携ができるという。

関連キーワード

ERP | 帳票 | EAI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ