レビュー
» 2007年09月28日 08時25分 公開

シンクライアントで情報漏えい対策&ワークスタイル革新を実現ホワイトペーパー

2006年に発生した個人情報漏えい事件は993件。その被害者数は2224万人に及ぶ。その原因のほぼ半数がPCの盗難・紛失にある。どうすればよいのか。

[ITmedia]

 PCの盗難・紛失などを原因として、1年間に1000件近い情報漏えい事件が発生している。これを回避するのに有効なのがシンクライアントを活用した「テレワーク環境」だ。シンクライアントのテレワーク環境では、データはサーバに保存される。クライアントPCは操作を実行するだけだ。接続の際は本人認証デバイスを用いるため、外部の人間は勝手に操作できないようになっている。もしPCが盗難に遭ってもPCはデータを持たないため、情報漏えいの心配はない。

 ここでは、強固な情報漏えい対策だけでなく、時間や場所にとらわれないオフィスワークとTCO削減を実現するソリューションについて、簡単にまとめた動画を視聴できる。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ