レビュー
» 2007年10月02日 13時12分 公開

Lotus Notes環境でITガバナンスを確立する手法ホワイトペーパー

Lotus Notesを使用している企業の中には、アプリケーションがどのように利用されているか把握できていない場合がある。しかし、それではITガバナンスを確立できない。

[ITmedia]

 Lotus Notesはさまざまなメリットがある一方で、業務プロセスのコントロールが難しいという側面がある。アプリケーションがどのように利用されているか把握できていないような状態では、ITガバナンスの確立は不可能だ。

 このホワイトペーパーでは、まずITガバナンスの意義をもう一度見つめ直し、ITマネジャーにとっての課題を整理する。次に、Lotus Notes環境でコンプライアンス規制に迅速に対応するために効果的な資産変更管理ツールを事例とともに紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ