ニュース
» 2007年10月12日 11時42分 公開

MSのオンラインストレージサービス、容量が1Gバイトに

Windows Live SkyDriveの容量がこれまでの500Mバイトから倍増した。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月11日、オンラインストレージサービス「Windows Live SkyDrive」の容量を1Gバイトに増やしたことを明らかにした。

 SkyDriveは同社が6月にβ版として立ち上げたサービスで、これまでの容量は500Mバイトだった。

 容量が増えたほかにも幾つかの新機能が追加された。ほかのユーザーが公開しているフォルダの更新情報をRSSフィードとして受け取れるようになり、自分の共有フォルダに誰がどのファイルをアップロードしたのかが分かるようになった。また、SkyDriveからアドレス帳に直接友人を追加できるようになった。これまでは、アドレス帳に載っていないユーザーとフォルダを共有するのは難しく、HotmailかWindows Live Messengerからそのユーザーをアドレス帳に追加しなければならなかった。

関連キーワード

Microsoft | ストレージ | Windows Live


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ