レビュー
» 2007年10月12日 13時11分 公開

NFSによるデータ共有の落とし穴ホワイトペーパー

ネットワーク上で業務データを共有できるNFS(Network File System)は便利だが、負荷分散やフェイルオーバーを考慮しなければ、可用性を向上させることはできない。

[ITmedia]

 何百台ものクライアントマシンを抱えた企業では、共有データへの効率的なアクセスは重要課題だ。NFSを使えばデータは共有できるが、特定のサーバに負荷が集中してしまう。

 このホワイトペーパーでは、NFSの可用性を向上させるIPロードバランシングと、共有ストレージのクラスタリング構成手順を詳細に解説。サーバ負荷やサーバダウンなどの問題を解消する設定方法と運用の基礎について、レッドハットが解説している。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ