レビュー
» 2007年10月15日 14時34分 公開

「悪意ある内部者」による企業内文書の漏えいを防ぐ方法ホワイトペーパー

企業のセキュリティ対策で回避が難しいのは、アクセス権限所有者によるファイルの持ち出しだ。情報漏えいを防ぐには、たとえファイルが持ち出されても、ファイルの中身が閲覧できないようにすればよい。

[ITmedia]

 アクセス権限を持つ人間が悪意を持って企業内のファイルを持ち出した場合、それらの回収は不可能に近く、情報の拡散を防ぐのは難しい。だが、ファイル自体にアクセス権情報を埋め込めば、たとえファイルが拡散してしまっても中身の閲覧を制限でき、情報漏えいを回避できる。

 このホワイトペーパーでは、内部者による持ち出しやファイル交換ソフトによる情報漏えいに対応した、ファイルへのアクセス権を強化するソリューションを紹介している。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ