ニュース
» 2007年10月19日 10時01分 公開

Nokia増収増益、平均販売価格が下落するも利益率向上

Nokiaの7〜9月期決算は、売上高は前年同期比28%増、純利益は同85%増。シェアをさらに伸ばし、39%を確保したとみている。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaが10月18日発表した第3四半期(7〜9月期)決算は、売上高は前年同期比28%増の129億ユーロ、純利益は同85%増の15億6300万ユーロ(1株当たり0.40ユーロ)だった。

 同四半期中の携帯端末の出荷台数は1億1170万台に達し、前年同期を26%、第2四半期を11%上回った。特に中東・アフリカ地域(前年同期比45%増)、アジア太平洋地域(41%増)、中国(37%増)が好調だった。市場シェアは前年同期の36%、前四半期の38%からさらに伸びて、39%を確保したとみている。

 30ユーロ以下の価格帯を中心としたエントリーレベル製品の販売増を反映し、平均販売価格(ASP)は前年同期の93ユーロ、前四半期の90ユーロから82ユーロに下がったが、「スケールや低コスト構造」などにより、エントリーレベルでも十分な利益率を確保できたとする。携帯端末部門の営業利益率は前年同期の13.1%から22.6%に向上した。

 4月に設立したNokia Siemens Networksは、1億2000万ユーロの営業損失を計上。合弁による「コスト相乗効果」の目標額を引き上げると同時に、それに関連する再編費用の見通しを、従来の15億ユーロから20億ユーロ強に引き上げた。うち約10億ユーロを第3四半期までに計上済みで、残りの大半を第4四半期に計上する予定だとしている。

関連キーワード

Nokia(ノキア) | 決算


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ