レビュー
» 2007年10月19日 14時54分 公開

メールシステムのアウトソーシングと自社構築を徹底比較ホワイトペーパー

メールシステムを自社構築するのとアウトソーシングするのとでは、どちらが得なのか。比較のポイントは導入・運用コストに留まらない。内部統制なども視野に入れる必要がある。

[ITmedia]

 メールシステムの効率的な運用は、TCO削減や生産性向上に貢献する。しかし、内部統制対応のために監査やメールデータ保存が必須となり、運用負荷とコストは増加している。対応策として有力なものの1つがメールシステムのアウトソーシングだが、何に気をつければよいのか。

 このホワイトペーパーでは、メールシステムを自社構築した場合とアウトソーシングした場合とで効果がどのように変わるのか、その背景はどのようなものか。事例を含め紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ