ニュース
» 2007年10月23日 08時51分 公開

HP、中東のシステムインテグレーターを買収

バーレーンを拠点とするAtos Origin Middle Eastの買収で、HPは中東の公共部門や石油・ガス業界向け事業の強化などを図る。

[ITmedia]

 米HPは10月22日、バーレーンのAtos Origin Middle East(AOME)の買収で合意に達したと発表した。取引は11月に完了する見通し。

 AOMEは中東の代表的なシステムインテグレーターで、特に独SAP製品の実装では同地域をリードする存在だという。中東各国に450人の従業員を持つ。

 HPでは、中東を「最も急速に成長している市場の1つ」とみている。AOME買収により同地域でのSAP製品関連事業を拡充するとともに、公共部門や石油・ガス業界向け事業の強化や、リビア、カタールへの事業範囲の拡大などが可能になるとしている。

関連キーワード

買収 | HP | SAP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ