ニュース
» 2007年10月23日 17時27分 公開

帳票ミドルウェア「WebSAM Rakuform」、Vista新文字へ対応

NECとNECソフトは、帳票印刷ミドルウェア「WebSAM Rakuform」の新バージョンを発売した。Windows Vistaの文字セットや、マルチプラットフォームでの印刷に対応した。

[ITmedia]

 NECとNECソフトは10月23日、帳票設計、帳票印刷、印刷管理、電子帳票に対応する帳票印刷ミドルウェア「WebSAM Rakuform」の新バージョン「WebSAM Rakuform Version.3」を発売した。

 最新版では、Windows Vistaに対応。Vistaに標準搭載されている文字セット「JIS2004」の出力や印刷ができる。

 また、WindowsおよびUNIX環境で、同じフォームを使って印刷できるようになった。UNIXサーバからの集中印刷や、Windowsでの分散印刷が可能となる。従来のバーコード印刷機能に加え、QRコードの印刷機能も追加された。

 価格は、帳票の設計と出力機能の最小構成で58万6500円(税別)から。2社は今後3年間で2000システムの販売を目指す。

関連キーワード

帳票 | NEC(日本電気) | ミドルウェア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ