ニュース
» 2007年10月24日 14時57分 公開

スマートフォン初心者も安心、ウィルコムが法人向けランチャーアプリを公開

ウィルコムは、豊富なカスタマイズ機能や管理者機能を搭載したW-ZERO3用の法人向けランチャーアプリを公開した。

[ITmedia]

 ウィルコムは10月24日、東京ビッグサイトで開催中の「IPコミュニケーション&モバイル2007」会場で、W-ZERO3用の法人向けランチャーアプリケーションを公開した。年内のリリースを予定する。

 同ランチャーは、スマートフォンのW-ZERO3シリーズを利用する法人専用のアプリケーション。スマートフォン端末を初めて利用する社員でも、最小限の操作で端末の機能を利用できることを目的に開発された。

電話帳やスケジュールなどの機能をタップ操作で簡単に呼び出せる。大口ユーザーなら企業名などのカスタマイズにも対応する。利用は無料

 メニューは、W-ZERO3の基本機能を割り当てる「ホーム」、頻繁に利用する機能を割り当てる「クイック」、ユーザーが自由に機能を割り当てられる「ユーザー」の3つが用意され、各メニューで9つの機能を設定できる。

 管理者機能も用意され、管理者はユーザーごとに利用できる機能を制限するといったポリシーの設定、ユーザーの端末へ配布するためのインストーラーの作成、認証管理などの機能を利用できる。

 利用するにはウィルコムへの申し込みが必要で、ウィルコム側でも画面デザインなどのカスタマイズニーズに対応する。既存のW-ZERO3法人ユーザーも利用可能。「大口の利用申し込みがあればPC用の管理コンソール機能なども追加していきたい」(説明員)としているほか、SOHOユーザーへの対応も検討している。

関連キーワード

ウィルコム | W-ZERO3 | スマートフォン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ