レビュー
» 2007年10月26日 12時25分 公開

情報漏えい対策が機能している企業は何が違うのか?ホワイトペーパー

各企業がさまざまな対策を取っているにもかかわらず、情報漏えい事件が後を絶たないのはなぜか? その理由を考察するとともに、実際に情報漏えい対策に有効なシステム構築法を事例を交えて紹介する。

[ITmedia]

 「紛失・置き忘れ」と「盗難」は、情報漏えいを引き起こす原因の約半分を占めている。内部から情報を漏えいした人間が大きく取り上げられることも多いが、実際には過失やミスによる要因が多い。これに対応するには、そのような事態が生じても最悪のケースを回避できるシステムを構築すればよい。

 このホワイトペーパーでは、情報漏えい対策を効果的に実現するための3大要素と、それらを反映するシステム構築法について、事例とともに解説している。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ