ニュース
» 2007年11月01日 18時09分 公開

日立電線ネット、「Adapterシリーズ」に新製品を追加

情報機器関連製品を販売する日立電線ネットワークスは、検疫ネットワーク機器「QuOLA@Adapter」を発表した。

[ITmedia]

 日立電線ネットワークスは11月1日、検疫ネットワークシステム「QuOLA@Adapter」の販売を開始した。価格はオープン。

検疫アプライアンス「QuOLA@Adapter」 検疫アプライアンス「QuOLA@Adapter」

 新製品は検疫機能に特化したアプライアンス。事前に検疫システムを機器に組み込んだことで、導入・運用コストを抑えた。親会社である日立電線の独自認証スイッチ「Apresia NA(Network Authentication)」と連携して複数のPC端末を認証できるほか、Windows、Linux、UnixなどさまざまなOSに対応する。

 同製品は日立電線ネットが提供する「Adapterシリーズ」に当たり、ビデオ会議システムの統合的な運用管理サーバ「Conference@Adapter」、ログ管理ツール「LOG@Adapter」、認証管理ツール「Account@Adapter」に続く4番目の製品となる。

関連キーワード

認証 | アプライアンス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -