ニュース
» 2007年11月08日 11時03分 公開

ウイングアークとゼンド・ジャパンが協業

ウイングアーク テクノロジーズとゼンド・ジャパンは、PHP上でも堅実かつ信頼性の高い帳票運用を提供するための協業を発表した。

[ITmedia]

 ウイングアーク テクノロジーズとゼンド・ジャパンは11月7日、ゼンドの「Zend Platform」上で、ウイングアーク テクノロジーズの帳票開発ツール「Super Visual Formade」(SVF)による帳票出力を実現する帳票ソリューションの提供で協業することを明らかにした。

 大規模システム、大量アクセスを想定した業務システム運用にオリジナルのPHPを用いようとすると、パフォーマンスや安全性の面でニーズを満たすのが難しいという声に答えるもの。両社の協業により、PHP上でも堅実かつ信頼性の高い帳票運用を提供可能となる。

関連キーワード

帳票 | 運用管理 | PHP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -