ニュース
» 2007年11月12日 17時25分 公開

NEC、中央システム、日本HPが運用管理ソフト分野の販売協業を強化

11月12日、NECと中央システム、日本HPの3社は「WebSAM JobCenter」の販売において、各社相互のスキル提供や共同プロモーションなどの協業を行っていくことを発表した。

[ITmedia]

 日本電気(NEC)、中央システムおよび日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の3社は11月12日、業務システムの自動運用を支援するNECのジョブ管理ソフトウェア「WebSAM JobCenter」(JobCenter)の協業強化を発表した。

 WebSAM JobCenterは、定型業務やバッチ処理の自動運用、スケジュール管理を行うソフトウェアで、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)によるジョブの実行監視・制御により、管理負荷や運用コストの削減に寄与する。

 日本HPは、NECからOEM供給を受けているJobCenterを「HP JobCenter Software」として販売している。この協業では、ネットワーク管理ソリューション「HP Network Node Manager Sofoware」などの運用管理ソフトウェアと組み合わせて販売する。ジョブ管理分野の導入ノウハウを有する中央システムと協調して販売・導入実績を拡大しているほか、メインフレームをオープンシステムに移行するリホスティングにおけるバッチ処理の自動化ツールとしても、重要な位置づけの製品となっている。

 今回の協業により3社では、各社による営業展開のほか、次のような施策でJobCenterの普及促進を図っていく。

 導入促進に向けてのコンサルティングをはじめ、導入時のシステムインテグレーションや運用支援、導入後の保守対応などの各局面で各社のスキルやノウハウを活用、連携をはかり、トータルな支援体制を構築していく。

 中央システムが中心となり、JobCenterの販売拡大を支援する各種ソリューションを提供していく。「ジョブ管理ツールらくらく移行サービス」では、導入済みの他社ジョブ管理製品からJobCenterへの移行を助ける。「JobCenter導入支援サービス」では、SMB(Small and Medium sized Business)向けに価格を抑えた導入支援メニューを提供する。中央システムが全国へオンサイトで導入をサポートする。

 中央システムは今回の協業を契機に、NECが展開するソフトウェアパートナー制度「WebSAM WORKS」に参加する。各社の有力顧客の共有やマーケティング活動の連携、共同セミナーの開催や展示会への共同出展など、共同でプロモーションを展開し、NECと日本HP双方の販売チャネルによる販売拡大に注力していく。

関連キーワード

運用管理 | NEC(日本電気) | HP | SMB


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -