ニュース
» 2007年11月13日 14時46分 公開

MS、「Windows Server 2008」の価格と仮想化技術「Hyper-V」発表

「Viridian」のコードネームで呼ばれてきたハイパーバイザーベースの仮想化技術は「Hyper-V」という名称になった。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月12日、次期サーバOS「Windows Server 2008」の詳細と同社独自の仮想化技術を明らかにした。

 同社の仮想化技術は、これまで「Viridian」というコードネームで呼ばれていたが、正式名称は「Hyper-V」となった。Hyper-VはWindows Server 2008の一部エディションに搭載され、スタンドアロンの仮想化サーバ「Microsoft Hyper-V Server」も登場する。さらに同社は、仮想マシンベンダーが自社製品のWindows Server 2008対応を検証できるプログラム「Server Virtualization Validation Program」も提供する。

 Windows Server 2008は2008年2月27日に発売される。8つのバージョンが提供され、うち3バージョンにHyper-Vが組み込まれる。価格は以下の通り。

  • Windows Server 2008 Standard:Hyper-Vを搭載し、サーバ管理やセキュリティが強化されている。1ライセンス当たりの仮想インスタンスは1つ。999ドル(5クライアントアクセスライセンス(CAL)付き)。

  • Windows Server 2008 Enterprise:Standardエディションと機能は同じで、1ライセンス当たりの仮想インスタンスは4つ。3999ドル(25 CAL付き)。

  • Windows Server 2008 Datacenter:データセンター向け。Hyper-Vを搭載し、1ライセンス当たりの仮想化インスタンスは無制限。2999ドル(プロセッサ当たり)。

  • Windows Web Server 2008:Webサーバ専用で、Hyper-Vは搭載されない。Internet Information Services(IIS)7.0、ASP.NET、Microsoft .NET Frameworkを搭載。469ドル。

  • Windows Server 2008 for Itanium-based Systems:Itaniumプロセッサ搭載システム向けでHyper-Vは搭載されない。大規模データベースやカスタムアプリケーション向けに最適化されている。2999ドル(プロセッサ当たり)。

  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V:971ドル(5 CAL付き)。

  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V:3971ドル(25 CAL付き)。

  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V:2971ドル(プロセッサ当たり)。

 Itanium向けエディションは64ビット版のみで、それ以外は32ビット版と64ビット版が提供される。Hyper-Vは64ビット版でのみ利用可能。

 Hyper-V Serverは、Windows Server 2008の仮想化技術を補完する、ハイパーバイザーベースのサーバ仮想化製品。顧客がワークロードを1台の物理サーバにまとめられるようにし、OEMパートナーが、既存インフラに簡単につなげられる仮想化ソリューションを顧客に提供できるようにする。Dell、IBM、Hewlett-Packard、NEC、富士通などのパートナーが、Hyper-V Serverを基盤とするソリューションの開発に取り組んでいるという。Hyper-V Serverのメーカー推奨小売価格は28ドル。

 またMicrosoftは2008年6月から、サーバ仮想化製品ベンダー向けの検証プログラムServer Virtualization Validation Programを開始する。ベンダーはこのプログラムの下、Windows Server 2008およびそれ以前のバージョン上で走るサーバ仮想化ソフトを自己テストし、一定の技術要件を満たしているかどうかを検証できる。こうした検証を促進することで、Windowsベースでない仮想化ソフト上でWindows Serverを走らせる顧客にも、Microsoftから技術サポートを提供できるようになるとしている。

関連キーワード

Windows Server 2008 | 仮想化 | Microsoft


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -