ニュース
» 2007年11月14日 16時36分 公開

ZimbraディーゼンCTO、Yahoo!による買収に言及

Ajaxベースの企業向けグループウェアを提供するZimbraのスコット・ディーゼンCTOが来日し、日本における事業戦略を説明。Yahoo!による買収についても触れた。

[藤村能光,ITmedia]

 Ajaxベースの企業向けグループウェアを提供するZimbraが11月14日に事業戦略説明会を実施。同社のスコット・ディーゼンCTOは、主にYahoo!買収の影響について言及した。

 Ajaxを活用したメールのインタフェースに加え、スケジューラやアドレス帳などの機能を取り入れたグループウェアを展開するZimbraは、2007年9月に米Yahoo!に買収され、第4四半期にYahoo!の完全子会社となる。その影響について同氏は、「買収で起こる変化は今のところない。むしろビジネスを加速させる役割を担う」とコメントした。

image スコット・ディーゼン氏

 Yahoo!の買収の狙いとして、「大学や法人、ISP事業者といったYahoo!がカバーしていない顧客層を取り入れる目的がある」(同氏)という。また日本におけるYahoo!との連携に関して、「今は申し上げられない」としたものの、「マイクロソフトやGoogleなどはこの分野において日本でまだ成功していない。われわれにもチャンスはある」と意気込みを示した。

住友商事のSaaS事業

 ベンチャーキャピタルとしてZimbraに投資し、フィードパスの筆頭株主でもある住友商事は、SaaSビジネスへの取り組みを説明した。

 フィードパスではZimbraのSaaSサービス「feedpath Zebra」を提供している。住友商事ネットワーク事業本部ITソリューション事業部の佐藤誠之部長代理はフィードパスについて、「技術パートナーでありSaaS事業の運命共同体」と位置付けた上で、「Web2.0への知見が卓越しているZimbraおよびフィードパスと組むことで、さまざまなサービスをSaaS化して提供でき、Win-Winの関係が築ける」と述べた。

 同社が展開するSaaSビジネスの特徴として、同氏は事業者にZimbraライセンスを提供できることを挙げた。競合となるGoogle Appsについて、「Google Appsを利用する場合、個人情報をGoogleに預ける必要がある。われわれの提供するソリューションなら、自社でデータを自由に管理したい企業のニーズを満たす」と差別化のポイントを挙げた。

image 住友商事が展開するSaaS事業の全体図。フィードパスをSMB向けの総合SaaS事業として成長させる見通しだ

 売り上げ目標は、「フィードパスやSaaS、システムインテグレーション事業などを含めて今後3年間で30億円」(佐藤氏)。

新幹線でも利用できるZimbra最新版

 説明会では、ネットワーク環境を必須とするZimbraの機能をローカルPCで動作できる最新バージョン「Zimbra collaboration Suite5.0」が紹介された。「新幹線などインターネットのつながっていない場所でもメール機能を使うことができる」(ディーゼン氏)のが特徴だ。英語版が2007年12月に提供予定という。

関連キーワード

Yahoo! | 買収 | フィードパス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -