ニュース
» 2007年11月21日 18時20分 公開

NECが仮想化に向けてブレードサーバを強化

NECは、仮想化プラットフォームを組み込んだブレードサーバブランド「SIGMABLADE」の新製品などを発表した。

[ITmedia]

 NECは11月21日、仮想化環境での利用を視野に入れたブレードサーバブランド「SIGMABLADE」の新製品3モデルおよび統合プラットフォーム管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter 2.0」を提供開始した。

 新たなブレードサーバは、「Express5800/120Bb-6」「Express5800/120Bb-d6」「Express5800/120Bb-m6」。インテルの最新CPU「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台」を最大2基搭載できるほか、最大48Gバイトのメモリを実装する。

ブレードサーバ「Express5800/120Bb-6」 ブレードサーバ「Express5800/120Bb-6」

 今回投入された製品では、メモリを増強するなどして仮想化実現の環境が整備された。2008年第1四半期には、米VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware ESX Server 3i」を組み込んだSIGMABLADEおよび「Express5800シリーズ」の2Wayラックマウントサーバが製品化されるほか、同年上半期には、障害時にも自動的にサーバダウンが回避される無停止型サーバ「Express5800/ftサーバ」にもVMware ESX Server 3iが搭載される。

 WebSAM SigmaSystemCenter 2.0は、通常システムと仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」および仮想化プラットフォーム「Citrix XenServer Enterprise Edition」が混在した環境を統合して管理・運用が可能になる。

 価格は、「Express5800/120Bb-6」が34万円から、「Express5800/120Bb-d6」が33万7000円から、「Express5800/120Bb-m6」が64万円から。WebSAM SigmaSystemCenter 2.0は100万円から(管理サーバ含む)。

 SIGMABLADEは12月17日から、Web SAM SigmaSystemCenter 2.0は2008年1月から出荷される予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -