ニュース
» 2007年11月26日 19時25分 公開

IBMのボランティアプログラム参加者、世界で10万人突破

Webからボランティア活動を支援するIBMのプログラム「オンデマンド・コミュニティー」参加者が全世界で10万人を突破。日本での登録者数は約5000人となった。

[ITmedia]

 日本IBMは11月26日、グローバル規模のボランティア活動を支援する社会貢献プログラム「オンデマンド・コミュニティー」の登録者数が世界約100カ国で10万人を突破したと発表した。

 同プログラムは、ボランティア活動のノウハウや募集情報、ツールなどをWeb上に集め、世界中のIBM社員や定年退職者に提供するもの。2003年11月に開始し、4年間で累計600万時間以上の活動時間を記録した。

 日本での登録者は約5000人。具体的な活動としては、社員がWeb上の科学博物館「TryScience」の講師として参加したり、定年退職者が地域の教育支援ボランティアとして小中学校でPCやネットワークの授業をするといったものがある。

 同プログラムには、社員や定年退職者のボランティア時間が40時間を超えた非営利団体に現金やIT機器を寄贈する「コミュニティー・グランツ・プログラム」もある。日本ではすでに2300万円以上が助成されている。

関連キーワード

ボランティア | IBM | 社会貢献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -