ニュース
» 2007年11月27日 11時47分 公開

日本HP、15.4インチ液晶搭載法人向けノートPCを発売

日本ヒューレット・パッカードは、法人向けノートPCのエントリーモデルを6万4890円から発売。15.4インチのワイド液晶を搭載し、各デバイスごとのアクセス制御などもできる。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は11月27日、法人向けノートPCのエントリーモデル「HP Compaq 6720s/CT Notebook PC」(6720s/CT)を発売した。価格は6万4890円から。

image HP Compaq 6720s/CT Notebook PC

 6720s/CTは「6715s/CT」の後継機種で、15.4インチのワイド液晶と3基のUSBポート、SDカードスロットを搭載。インテル Core2 Duoプロセッサへのアップグレードや、最大4Gバイトのメモリ拡張といったカスタマイズにも対応する。主に中小・中堅企業や学校、PCスクールなどでの導入を見込む。

 ハードディスクドライブ(HDD)やUSBメモリなど各種デバイスへのアクセス制御をユーザーやグループごとに設定できる「デバイス・アクセス・マネージャー」を搭載し、各デバイスで「書き込み可能」「読み込みのみ可能」「アクセス不可」といった設定ができる。

 また、OSが起動しない場合にもバックアップデータを復元できる「HP Backup and Recovery Manager」や、廃棄やリサイクル時にHDDのデータを完全消去する「HPディスククリーナ」も備えている。

 販売は日本HPのオンラインストア「HP Directplus」、コールセンター「HP Directplus」、販売代理店「HP Directpartner」から。

関連キーワード

HP | ノートPC | Core 2 Duo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -