ニュース
» 2007年11月30日 11時59分 公開

日本HPとMS、金融機関向けソリューション「楓」を発売

日本HPとマイクロソフトが金融機関向けソリューションでタッグ。顧客チャネルをまとめ、すべてのワークフローを管理するソリューション「楓」を発売する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフト(MS)は11月30日、金融機関向けソリューション「楓(Maple:Multi-channel Access/Process Linkage for Enterprise)」を発売した。

 楓は、顧客チャネルの統合と事務ワークフローのステータスを管理する銀行、生保、損保、証券、カード会社向けのソリューション。インターネットやモバイルバンキング、コールセンター、営業店窓口における各種申し込みや支払い、口座開設、問い合わせ業務に対応する。

 業務システム連携製品「Microsoft BizTalk Server 2006」搭載のサーバをシステム連携用ハブにして、顧客のワークフローを連携する。口座登録や本人情報確認、法務管理などの業務をサーバに記録し、Microsoft BizTalk Server 2006と連携してステータスを管理する。

image 楓の構成

 営業店やインターネット、FAX、携帯電話などからの各種手続きをステータス情報として共有することで、サービス担当者は業務の確認や問い合わせに対しリアルタイムに対応できる。

 価格は、x86サーバ「HP ProLiant DL380」、ストレージ「HP StorageWorks Modular Smart Array 1000」、サーバOS「Microsoft Windows Server」、データベースアプリケーション「Microsoft SQLServer」、汎用業務ワークフロー「ProcessBoard」、Microsoft BizTalkServer 2006、導入・構築サービスを含めて5000万円から。導入コンサルティングやシステム構築を日本HPが行い、共同で販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -