レビュー
» 2007年12月03日 10時50分 公開

ホワイトペーパー:故意の情報漏えいが多い企業、少ない企業の差

過去1年間に機密情報の漏えいを経験している企業が多数存在する一方、情報漏えい対策が不十分であることが最新の調査により分かった。情報漏えいに関する最新のレポートを紹介する。

[ITmedia]

 このホワイトペーパーは、マカフィーと調査会社が欧米1400社の企業を対象に行った、情報漏えいに関する最新調査結果分析レポートである。

 調査によると、回答者の6割が「機密情報の漏えいがあった」と回答したという。今後、企業はどのような対策を取るべきか。調査結果や過去の被害例などから見えた方向性をマカフィーが解説している。社員の意識レベルや情報漏えいの多い企業の傾向などの結果は自社の情報漏えい対策を見直す上での参考になるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -