ニュース
» 2007年12月06日 09時35分 公開

盗まれたカード情報がネットに大量掲載

オンライン決済システムから盗まれたとみられるクレジットカード情報が、フォーラムサイトに掲載されているのが見つかった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のFaceTime Security Labsは12月4日、盗まれたクレジットカード情報がネットに掲載されているのを見つけたと発表した。当局には通報済みだという。

 同社によると、海賊版のメディアやゲームの売買に使われている「Warez Forum」というディスカッショングループに、相当量のクレジットカード番号が掲載されていた。中には暗証番号やメールアドレスまで公開されているものもあり、バックエンドのオンライン決済システムから盗まれた形跡があるという。

画像 フォーラムで掲載されたカード情報。メールアドレスやPIN番号などが含まれていることも

 被害者はほとんどが米国のユーザーとみられるが、どこのサイトから情報が盗まれたのかは不明。

 FaceTimeでは、これは情報窃盗のプロの仕業というより、たまたまこの情報に行き当たった人物が同フォーラムに投稿したものとみている。この投稿者は自分の写真を公開し、フォーラムアバターの下には所在地まで掲載されているという。

関連キーワード

情報流出


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -