ニュース
» 2007年12月06日 18時30分 公開

「Office 2008 for Mac」発売まであとわずか

3年半の時を経て、ついにMac版Officeがリリースされる。マイクロソフトは最新版「Microsoft Office 2008 for Mac」シリーズを2008年1月16日に日米で同時発売する。

[伏見学,ITmedia]

 マイクロソフトは12月5日、Mac版のビジネスソフトウェア「Microsoft Office 2008 for Mac」シリーズを2008年1月16日に発売することを明らかにした。前バージョンから約3年半ぶりの販売となる。

 最新版の特徴について、同社の執行役兼ホーム&エンターテイメント事業本部リテールビジネス事業部長である五十嵐章氏は「Universal アプリケーション」「互換性」「ユーザーインタフェース」を挙げた。

五十嵐章執行役兼ホーム&エンターテイメント事業本部リテールビジネス事業部長 五十嵐章執行役兼ホーム&エンターテイメント事業本部リテールビジネス事業部長

 Universal アプリケーションとは、PowerPCあるいはIntelプロセッサを搭載するMacの両環境で起動するアプリケーションを指す。

 互換性については、Windows版「2007 Office system」で採用されているファイル形式「Office Open XML」をサポートするほか、Windows Vistaから搭載された日本語フォント「メイリオ」を使用できる。

 ユーザーインタフェースも改善された。ビジュアル効果の高いレイアウトや表、ワードアートなどをまとめた「エレメンツギャラリー」が追加されたほか、iPhotoの写真ライブラリに直接アクセスできるようになった。iPodやApple RemoteなどAppleのテクノロジーへの対応も進められた。

 Windowsとの共通技術では、最新のグラフィックエンジン「Office Art 2.0」や「SmartArt グラフィック」を搭載する。SmartArtは、テキストを視覚化し効果的に表現するツール。例えば、個条書きをクリック操作だけで下図のように変換できる。

「SmartArt グラフィック」を使えば単なる文字情報を効果的に表現できる 「SmartArt グラフィック」を使えば単なる文字情報を効果的に表現できる(同社サイトから)

 製品構成は以下の通り。Office 2008 for MacおよびSpecial Media Editionには、ファイルの自動変換などが可能なAutomatorツールが含まれている。

製品名 パッケージ種類 参考価格(税別) アプリケーション
Microsoft Office 2008 for Mac 通常版 4万9800円 Word 2008/Excel 2008/PowerPoint 2008/Entourage 2008/Microsoft Messenger for Mac
Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition 通常版 5万2800円 Word 2008/Excel 2008/PowerPoint 2008/Entourage 2008/Microsoft Messenger for Mac/Microsoft Expression Media
Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック 通常版(3ライセンス) 2万2800円 Word 2008/Excel 2008/PowerPoint 2008/Entourage 2008/Microsoft Messenger for Mac

 アップグレード版の価格は、Office 2008 for Macが2万8000円、Special Media Editionは3万2800円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -