ニュース
» 2007年12月10日 14時00分 公開

東芝テック、乱れた販売拠点向けサイトを再構築

東芝テックはデジタル複合機の販売拠点向けサイトを刷新した。Oracleのアイデンティティ管理の共通化アプリケーションなどを活用した。

[ITmedia]

 東芝テックは2007年10月、デジタル複合機の販売拠点向けサイトを刷新した。コンテンツ管理やユーザー管理を効率化し、情報提供を早くする。年間の運用コストも3割削減する。

 刷新したのは各国の現地法人やディーラー向けに公開している情報共有サイト「WebQS」。WebQSは、米国、ドイツ、フランスをはじめ130カ国以上で利用され、サービスマニュアル、パーツリスト、販促用写真などを提供している。

 今回、各拠点が要件を満たすために独自の機能追加をするなど、コンテンツを含めシステム全体に統一性がなくなり、運用コストが増えたため、サイトの再構築に踏み切った。

 コンテンツの一元管理に日本オラクルが提供する「Oracle Content Database」、ユーザーなどのアイデンティティ管理の共通化に「Oracle Identity Manager」「Oracle Access Manager」など、Webサービス間の通信を管理する「Oracle Web Services Manager」を導入した。

関連キーワード

運用管理 | Oracle(オラクル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -