ニュース
» 2007年12月10日 19時10分 公開

弥生などのSaaS、無償で実証実験

社団法人コンピュータソフトウェア協会は、SaaSサービスによる業務の効率化や負荷測定などを実証実験できるサービスと、モニター募集を開始した。

[ITmedia]

 社団法人コンピュータソフトウェア協会は12月10日、SaaS(Software as a Service)の実証実験環境を作り、利用するモニター企業の募集を始めたと発表した。

 ユーザーがSaaSを使って業務の効率化や負荷測定などを実証実験できる。弥生の会計ソフトウェア「弥生会計07プロフェッショナル」「弥生販売07プロフェッショナル」やフィードパスのグループウェア「サイボウズ Office6 for ASP」など、約20種類のソフトウェアサービスを検証できる。

 実験には、各種サービス事業者向けにソフトウェアのサービスをオンデマンドで提供するきっとエイエスピーのプラットフォーム製品「PivotPath」を使用する。

 モニター募集は12月25日、サービス提供は2008年3月中旬まで。

関連キーワード

SaaS | ASP | ビジネスモデル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -