ニュース
» 2007年12月13日 00時56分 公開

東芝ソリューション、エントリクラスのOCRシステムを発売

エントリクラスのOCRシステム「OCR2000iモデル1500」が東芝ソリューションから発売された。

[ITmedia]

 東芝ソリューションは12月11日、エントリクラスのOCRシステム「OCR2000iモデル1500」の販売を開始した。

S1500

 同製品はUSB接続の卓上型OCRスキャナ「S1500」と、帳票識別機能や多色枠読み取り機能を備えた「OCRソフトウェア」で構成される。

 OCRデータエントリが行われる各種窓口業務では現在、サイズや色、紙厚が異なる帳票が扱われており、事前に帳票を仕分けておく必要がある。今回発表されたS1500は、小型帳票からA3サイズまでの帳票に幅広く対応し、それらが混在していても一括処理が可能となった。併せて、ノンカーボン紙などの薄紙からはがきなどの厚紙、さらにはクリアホルダなど多様な紙厚にも対応する。

 カラー帳票にも対応しており、A4縦カラー200dpiの場合、毎分50枚の速度で読み取ることが可能。2スタッカを標準で装備しており、エラー帳票の振り分けも行える。

 稼働時消費電力は従来機(S1100)比で約40%削減されているほか、従来機のリプレース時には、引き取り廃棄するサービスも用意された。

 価格は以下の通り。

モデル 価格
OCR2000iモデル1500(片面) 199万5000円
OCR2000iモデル1500(両面) 262万5000円
卓上型OCRスキャナS1500(片面) 126万円
卓上型OCRスキャナS1500(両面) 189万円

関連キーワード

OCR | 帳票


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -