ニュース
» 2007年12月18日 12時31分 公開

2012年の光ファイバー契約数、2000万件規模に

野村総合研究所は、2012年までのブロードバンド市場4分野を始めとした市場規模の予測結果を発表した。光ファイバーの契約数は2000万件近くに上る見通し。

[ITmedia]

 野村総合研究所は12月17日、2012年までのブロードバンド市場4分野などの市場規模の予測を発表した。

 予測によると、ブロードバンド回線市場では光ファイバー回線の加入者が増え、2012年度末には回線全体の契約数が3200万、市場規模は約1兆4000億円に達する。そのうち光ファイバーは1995万契約、8697億円となる。

 一般消費者向けのIP電話サービスでも加入者数を伸ばし、2007年度には1400万回線、2012年度末には約2000万回線まで増加するという。

 ワイヤレスブロードバンド市場は、総務省が2.5GHz帯の免許申請を実施したこと、WiMAXなどの次世代広域無線サービスが2008年度から始まることを受け、2012年度には2400億円程度に拡大する見通し。

 法人ネットワーク市場は、従来型の専用線がIP-VPNや広域イーサネット、インターネットVPNといった新型WANに変わり、企業のコスト削減が進むため、2008年度には1兆円を割り込み縮小に向かうと見込まれている。

 薄型テレビやデジタルカメラなどのハード市場7分野の予測も発表した。ネットビジネス、携帯電話、ブロードバンドの市場規模予測は2007年12月19日に発表する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -