ニュース
» 2007年12月18日 18時23分 公開

グローバルサイン、VBAマクロに対応したコードサイニング証明書

グローバルサインは、Microsoft OfficeのVBAマクロに対応したコードサイニング証明書の販売を開始した。

[ITmedia]

 グローバルサインは12月18日、Microsoft OfficeのVBA(Visual Basic for Applications)マクロに対応したコードサイニング証明書の販売を開始した。コードサイニング証明書はソフトウェアにデジタル署名を行う電子署名用の証明書。

 当初Microsoft Officeのマクロとして実装されていたVBAだが、仕様拡張による機能の高度化により、悪意を持ったVBAプログラムがコンピュータに与える損害の深刻度も以前と比べ拡大している。

 Microsoftでは、マクロを含むOfficeドキュメントは、デジタル署名で信頼できる配布元を識別するよう推奨しており、VBAマクロに対しても電子証明書が求められつつある。

署名付きの場合、写真のように発行元などを確認できる

 価格は1年間で5万9850円。現在はキャンペーン価格として3万9900円となっている。証明書の発行は申請から1週間程度。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -