ニュース
» 2007年12月26日 08時13分 公開

サンタの次はニューイヤー、Storm Wormの素早い変わり身

クリスマスを過ぎると同時に新年バージョンのStormスパムが出回り始めた。

[ITmedia]

 セクシーサンタのスパムメールをばらまいていたマルウェアのStorm Wormが、クリスマスを過ぎると同時に新年のメッセージに切り替えた。SANS Internet Storm Centerやセキュリティ企業のF-Secureが12月25日付で伝えている。

 新年バージョンのStormスパムは「Happy 2008!」「Happy New Year!」「New Year Ecard」などの件名で届き、eカードを装ってユーザーを「uhave post card.com」というサイトに誘導。ここから「happy2008.exe」というマルウェアをダウンロードさせようとする。

 クリスマスバージョンと同様、このサイトは「nic.ru」を通じて登録され、同じネットワークでホスティングされているとみられる。ネットワークは急拡大し、現時点で少なくとも8000ノードが接続されているという。

 SANSでは管理者らに対し、このドメインにフィルタをかけ、入ってくるメールとサイトへのトラフィックを遮断するよう勧告している。

関連キーワード

クリスマス | Storm Worm | F-Secure | スパム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -