ニュース
» 2007年12月26日 16時21分 公開

NTTデータ、データセンターのCO2削減サービスを発表

NTTデータは、データセンターの二酸化炭素排出量やTCO削減を進めるサービスを、2008年1月から提供すると発表した。

[ITmedia]

 NTTデータは12月26日、データセンターの二酸化炭素排出量やTCO(総所有コスト)削減を進めるサービス「グリーンデータセンター」を、2008年1月から提供すると発表した。

 グリーンデータセンターは、同社および顧客のデータセンターやサーバルーム内のIT機器の設置環境について診断し、改善および管理するサービス。サーバの仮想化技術やエネルギー変換のロスを減らす電源供給方式、空調効率の改善技術などを提供する。顧客は用途に合わせてコンサルティング、設計、施工、運用管理といったメニューからサービスを選択できる

 NTTデータは、既存のデータセンター内に各種技術を検証する環境を構築した。発熱の問題を解決する気流シミュレーションや空調方式、電源供給方式などを検討し、技術のノウハウを蓄積する。データセンターの省エネガイドラインや指標の策定、標準化も目指す。

 2010年までに30システム以上の導入および30億円以上の受注額を目標とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -