連載
» 2008年08月02日 08時00分 公開

今日から使えるITトリビア:アバターの由来――古代インドの神様は10のアバターを使い分けた (4/4)

[吉森ゆき,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

アバターアイテムに人気キャラを採用する動き

 しかし、アバタービジネスが必ずしも成功するとは言えない。ハンゲームに続く「二匹目のドジョウ」を狙ったサービスが続々と出現したが、成功を収めるのは難しく、韓国生まれのコミュニケーションゲーム「ゴゴ市」、有名漫画家のプロデュースにより華々しく登場した「Jenka」、コミュニティサイト「魔法のデコらんど」など、すでに撤退したサービスも多い。数少ない成功者である携帯電話向けのモバゲータウンも、アバターアイテムの売り上げはピークを過ぎているという見方もある。

 一方で、自社が所有するコンテンツ資産を活用する形でアバタービジネスを開始する企業は増加傾向にある。人気ゲームのキャラクターアイテムも用意された「スクウェア・エニックス メンバーズ」、タカラトミーのリカちゃん人形をアバター化した「@Licca(アットリカ)」などが登場。さらに、大手SNSの1つ「GREE」がアバターの採用に踏み切るなど、コミュニケーションサイトでのアバター導入も広がっている。

スクウェア・エニックス メンバーズのアバター紹介サイトより。人気ゲームキャラクターへの“なりきりアイテム”がアバターとして提供される
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -