ニュース
» 2009年01月06日 17時36分 公開

クリエイターがコンテンツを作成:Xarts、CSR活動の報告書をマンガやアニメで作るサービス 

Xartsは、アニメのキャラクターなどを用いてCSR活動の報告書を作成するサービスを開始した。

[ITmedia]

 システム開発のXartsは、アニメのキャラクターなどを用いてCSR(企業の社会的責任)活動の報告書を作成するサービスを、2008年12月より開始した。「CSRを軸にしたプロモーション活動や社員にCSR活動を理解してもらうコンテンツの作成」(和田昌之社長)といった用途を想定している。

 サービスの名称は「クリエイティブCSRレポートサービス」。これは投資家などの株主向けに作成されるCSR活動の報告書を、アニメやマンガ、ショートムービーなどのコンテンツに変換して提供するもの。コンテンツの制作は、同社が展開するクリエイター支援サイト「AniCle」に登録しているクリエイターに依頼する。

 価格は300万円から。今後は企業のキャラクターを生かしたマーケティング活動やブランディング活動を支援するサービスを提供する見通しだ。

image 「クリエイティブCSRレポートサービス」で利用するアニメのイメージ(Xarts提供)

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -