ニュース
» 2009年01月08日 16時44分 公開

任意のスクリプト実行の恐れ:Movable Type EnterpriseにXSSの脆弱性

ブログ作成ツールのMovable Type Enterpriseにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 シックス・アパートのブログ作成ソフトウェア「Movable Type Enterprise」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった。情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)が1月8日、Japan Vulnerability Notesに情報を公表した。

 脆弱性は、Movable Type Enterprise 4.22以前のバージョンに存在する。アプリケーション管理画面の一部で適切に入力がエスケープされないことに起因するもので、今回の脆弱性は2008年12月に公表した内容とは異なるという。脆弱性が悪用された場合、特定のWebブラウザ上で任意のスクリプトが実行される可能性がある。

 シックス・アパートは、2008年12月3日に公開したMovable Type Enterprise 4.23で今回の脆弱性に対処済み。ユーザーにはアップデートを呼び掛けている。IPAとJPCERT/CCは、シックス・アパートと協議の上、新たに情報を公開した。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -