ニュース
» 2009年01月12日 09時15分 公開

定例アップデート:Oracle、四半期パッチで41件のセキュリティ問題に対処

次回のクリティカルパッチアップデートは米国時間の1月13日に公開する予定だ。

[ITmedia]

 Oracleは米国時間の1月13日、四半期に1度のクリティカルパッチアップデートを公開する。

 Oracleサイトに掲載された事前告知によると、今回の四半期パッチでは計41件のセキュリティ問題に対処する。対象となるのはOracle Database、Secure Backup、TimesTen In-Memory Database、Application Server、Collaboration Suite、E-Business Suite、Enterprise Manager Grid Control、PeopleSoft Enterprise HRMS、JD Edwards Tools、WebLogic Server、WebLogic Portalの各製品。

 このうち、最も深刻度が高いのはOracle Secure BackupとWebLogic Serverのプラグインに存在する脆弱性で、共通指標CVSS 2.0によるリスク評価は最大値の10.0となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -