ニュース
» 2009年01月15日 17時11分 公開

流通量も増加傾向に:不況に便乗するスパムが増加――Symantecの月例リポート

求職者などの個人情報を狙ったスパムが増加している。

[ITmedia]

 米Syamnetcは、2008年12月のスパム動向リポートを発表した。世界的な景気後退に便乗するスパムや新たな手口が観測された。

 景気後退に伴う人員整理が企業で進められる中、スパム送信者は「不況をチャンスに!収入への道」「週給500ドル以上の新着求人情報」といった件名で、ユーザーの関心を集めようとしているという。リポートでは、求職者など誘惑にかられやすいユーザーの個人情報を標的にしていると分析している。

 新たな手口では、銀行名を装い、「金融詐欺に関する緊急のお知らせ」とのメッセージとログイン画面を表示してIDやパスワード、個人識別番号などを入力するように促すものが見つかった。

 スパムの流通量は、スパム送信者などが多数利用していたという米McColoが11月に閉鎖されたことを受けて大幅に減少したものの、同月下旬以降は再び増加傾向を見せ、12月現在では閉鎖以前の8割程度にまで戻りつつあるという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -