ニュース
» 2009年01月16日 18時00分 公開

jQueryが1.3をリリース、運営体制も強化

JavaScriptライブラリの最新版「jQuery 1.3」をリリースしたjQuery開発者は、今後、Software Freedom Conservancyの下で開発を進める。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 JavaScriptライブラリプロジェクト「jQuery」の開発者は1月14日、最新版「jQuery 1.3」をリリースした。同時に、開発者や企業の利用や参加が増えたことを受け、今後は非営利団体のSoftware Freedom Conservancyに参加して、開発作業を進めていくことも発表した。

jQuery API browserのイメージ(出典:http://api.jquery.com/)

 最新版の特徴は、CSSセレクタエンジン「Sizzle」の搭載、最新のドキュメンテーションなどを閲覧・管理できる「jQuery API browser」、jQueryスタイルのAPIを利用したイベントデリゲーション「Live Events」、最新のイベントシステム「jQuery Event Object」など。

 中でも、新機能となるSizzleは高速かつ高機能で、これまでのセレクタエンジンと比較して49%高速という。jQueryはSizzleを独立したプロジェクトとするため、Dojo Foundationに寄贈、今後はほかのJavaScript開発コミュニティーとともに開発を進めていくという。

 このほか、HTMLインジェクションを一新し、HTMLの追加を高速にした。また、Offsetメソッドも書き直し、処理パフォーマンスを改善するという。

 jQuery開発はこれまで、プロジェクトを開始した2名を中心に進められてきたが、コミュニティーが拡大していることを受け、今後はSoftware Freedom Conservancyの下でプロジェクトの運営を進めていく。Software Freedom Conservancyは、Software Freedom Law Centerが立ち上げたフリーソフトウェア開発プロジェクトを保護する事務組織。

関連キーワード

API | コミュニティー | 開発者 | JavaScript


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ